ちゃたろうの休み時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 萩の旅(2) 苔むす東光寺の石灯籠 2015/3/19

<<   作成日時 : 2015/05/05 16:48   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 2

田床山を下り笠山に向かう途中ということで
運転手さんに予定外の東光寺にも寄っていただきました

毛利家の菩提寺だそうです。
お寺の奥に廟所があり、映画「ふるり」のロケ地です。
画像
 <映画「ふるり」より>


ここも良かったですね〜(´ω`*)


時間が止まったような不思議で荘厳な雰囲気
心静かに物思いにふけりたくなるような空間


お廟の門に覆いかぶさる樹木が
こちら側の世界と隔てるカーテンのようです。
画像


門をくぐると幕が上がったかのように景色が変わり
そこには重臣たちが献上した石灯籠が約500基
当主に仕える家臣が整然と跪いているような
厳粛な雰囲気が漂っていました。
画像


画像
毎年8月15日には万灯会でこの500基の灯籠に
送り火が灯るそうですから幽玄な雰囲気は
圧巻でしょうね。

見てみたい・・

もうひとつの目的は「カメ」
画像
<映画「ふるり」より>

このシーンのカメの石像
これも東光寺でのシーンのようだったので
どこにあるんだろう?と探してみると・・・

なんと!

5人の当主それぞれの業績を記しているのであろう石碑の
台座だったんです。
亀の甲羅の上に石碑が乗っているんです。

明倫館の石碑も亀の甲羅に乗っていましたので
この地域かその当時に流行ったものなのでしょうか。


石碑は5基あったのですが、亀はどれも個性的な表情で違う顔。
その当主の干支や性格などをモチーフにしているそうです。
画像

画像
亀が大好きな夫は、一体ずつ表情を撮っていました^m^
かなりテンションが上がっていたので、ヨシヨシ


ただ残念なことに
10年前の映画ではきれいな顔だった亀も
耳や鼻がもげていたり風化が見られました。

状態を維持するのも大変なことなんですね。。


この廟所はそんなに広くはありませんでしたが、
周辺の人があまり入らない奥まった場所などは
苔でその空間全体が緑色に感じられる癒しスポットでした。
画像

なんとか撮ったこの1枚ですが、
とても霊的な雰囲気で写真を撮るのが少し憚られました。




 お・ま・け 東光寺でのおまぬけエピ 

東光寺に入ってすぐ、うきうきキョロキョロと景色を眺めて足元をよく見ていなかった私は、またまた足元の段差に気付かず足首をぐねってペタンこっとコケました((+_+)) 

膝をついたところに石畳の角があったのでかなり痛かった
たぶんズボンの下の膝小僧は血が滲んでるでしょうが・・・


なんてったってかっこ悪!
すぐさま立ち上がりたいが、その前にっ

誰かに見られたかチェックしようと思って顔を上げると
すぐそばにおじいちゃんが


心配そうな目と目が合ってしまいました


「こけてしもたんかぁ〜〜?」


まるで小さい子どもをあやすように
声をかけてくださったので

「はい・・こけちゃいましたぁ(*_*)」


と思わず子供のように・・・

「きぃつけやぁ〜〜」

と諭されて、


「は〜い」と小学生気分で立ち上がりました


確かにおじいちゃんからすると子供のお年頃(;^ω^)


でも声をかけてもらって凹んだ気分が持ち直しました。
ありがとう


私はよく足首がカクっとなるコケかたをするんですが
捻挫をすることが無いのは、ヨガで足首をよく回しているからだと
こういうときにヨガの効果を実感するのです。

自慢にはなりませんけどねー


萩市観光協会公式サイトにも紹介されています。
「ぶらり萩あるき 東光寺」
http://hagishi.com/search/detail.php?d=100073

画像


さて、東光寺を出て次は笠山を目指します

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ボクも異次元空間に入らせて頂きました。(^^)
旅の醍醐味は食と観光(?)
観光は、非日常的な光景に出会える事がとても嬉しいですね。
東光寺がこんなに素適な所やとは知りませんでした。
この雰囲気を味わいに行きたいですね。

ご主人、亀さんにお喜びのようで。(^^)
「ふるり」のシーンからやと、とても台座とは思えないですね。

荘厳なムードの中で…
やった!
ちゃたろうさんズッコケ。(^^)
おじいさんとの会話がとても可愛くって愛情一杯で微笑んでしまいました。
yoppy702
2015/05/08 10:56
yoppyさん
本当にそうですね。非日常の光景には目も心も奪われます(*'ω'*)東光寺は行く直前に思い付き急遽連れてってもらったんですが、行けて良かったです。
はい(;^ω^)やっぱり何かしらやっちゃいますね。
初日にコケたんで二日目が心配でしたが無事でした(笑)こういうときに声をかけてくれると救われますね。私もそうしよー(たまには救ってあげたい)
ちゃたろう
2015/05/15 11:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
萩の旅(2) 苔むす東光寺の石灯籠 2015/3/19 ちゃたろうの休み時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる